症状や原因

逆流性食道炎とは
食道下部の噴門障害とも言われています。
1日2リットル以上分泌されている胃酸が逆流しないように閉まっているはずの胃と食道の境目が何らかの原因で開いてしまい胃液が食道に逆流することで生ずる食道の炎症です。




一言に言っても症状はいろいろありますし、同時に原因もたくさん考えらます。
症状としては
・胸焼け、焼ける感じ、ちりちりとした胸の痛み
・呑酸(どんさん)
・むかつき
・食べ物がしみる
・食道部の痛み
・胃が重い、痛い
・のどがつかえる
・のどが圧迫される
・のどの異物感
・物を飲むときにひっかかる
・胸の痛み
・食欲がない
・口が酸っぱくなる感じがする。
・口の中に苦い水が上がってくる
・起床時に胸焼けがする
などがあります。

たくさんの症状がありますね。

原因に関しては1つや2つではありません。
・過度のストレス
・肥満
・食生活、暴飲暴食・脂物
・運動不足
などを目にすると思います。







しかし、大きなくくりで言うと、原因は胃酸過多です。
胃酸が食道に逆流

胃酸過多にならないか身体を作ることが、完治に向けた最善の治療なのです。  
*ここがポイント!


たとえば、
胃酸の分泌はストレスを受けることですぐに増えます。
自律神経のバランスが崩れることで、胃酸のバランスも崩れてしまい、食道に逆流し起こるとも言われています。

ストレスで胃を壊すメカニズムがなんとなくわかったと思いませんか?
この事実をしっかり把握するのです。

ということで
何をすれば、治るのか?完治するのか?
ということになると思います。



市販薬を飲んでも効果がないという人もいるでしょう。
原因から見れば、ストレスをなくし、肥満を解消して、暴飲暴食、脂物などの食生活を改めて、運動不足を解消するということなりますね。

皆さん、すべてをできますか?
たくさんの管理をしなくてはいけませんね。
そんなスケジュールを組めますか?
ストレス解消に何始めますか?
ここで、大体の人が何をしていいのか?
整理がつかなくなるのではないでしょうか。


ここからしっかり読んでください。

と言うことで、逆流性食道炎を克服するためのヒントを教えましょう。

ストレスを最低限に抑える生活を送ればいいのです。

ストレスとは自分自身が感じるものだけではありません。
ストレスは体が感じるのです。
油っこいものがたくさんくれば、それに費やす体内での活動は活発になり、ストレスが自然と貯まっているのです。
太りすぎて体が重ければ、臓器や筋肉、いろいろなところにストレスが溜まるのです。

よって、
どれだけ食べる、何だけ食べる、どれくらいまで痩せる、どれくらい走るという考えではなく

今やっていることは体にストレスかな?っと言うことを考えるのです。



お肉を食べる。
やっぱ肉うまいなぁ~。
体も喜んでいる。
でも、これくらいにしないと胃腸さんにストレスたまっちゃうなぁ~

とか

タバコうまいなぁ~。
心も体もよろこでいる。
喜んでいるところで終わらせておくか。

とか
ゆっくり風呂でにもつかるか~。
たまには、風呂の中で足もみでもして身体のストレスを取るか~。

など、何をしなくていけない、何をしちゃダメ
から、楽しいことは楽しいこととして、いい塩梅で終わらせる形に変えるのです。

これだけで、かなりメンタル面が変わると思います。

また、ツボマッサージもオススメです。
痛気持ちいい、リラックスできるという部分では、カラダにいいことです。
胃を活発にする、活性化させる、腸の調子をよくするツボを刺激することがポイントです。


治す、治療という観点よりも、身体をいたわる、和らげるという認識を持って逆流性食道炎に接すると、答えがおのずと出てくるようにも思います。



そこで、
もっと突っ込んだ、そして、ピンポイントに症状を改善する自宅完治で有名先生を紹介します
改善プレグラムとして定評があり、実践することで治るだけでなく、今後なりにくい、なった時に対処しやすいということで、筆者自身もお世話になったものです。
月の通院、投薬の費用が5千~1万円、さらに、胃カメラ1回につき15,000円の生活から、1日も早く解放されたいですね。

逆流性食道炎 細川



逆流性食道炎 福辻



逆流性食道炎 遠近

Copyright© 逆流性食道炎 症状一覧 All Rights Reserved.