逆食 克服法

逆流性食道炎の克服法は、1つではありません。

また、薬で治るというものでもありません。

逆食の原因を今一度、考えてみましょう。

食道は口から入れた食べ物を、胃に送るための管です。。

食道と胃の間は下部食道括約筋によって、普通は閉じていますが、食物を飲み込んだ際に開いて、食物を胃に送りこまれます。

胃では、胃酸と消化酵素が含まれる胃液が分泌されています。

胃液は食物の中を分解、消化します。
胃には、この酸から粘膜を守る防御機能が働いていますので、強い酸からは守られています。

しかし、食道にはこの抑える機能がありません。

そこで、
何らかの原因で胃酸が食道に逆流すると、食道粘膜は強い酸である胃酸にさらされて炎症を起こします。

胃から食道への逆流が繰り返し起こることで各々の症状が起きるのが「逆流性食道炎」です。


分かりましたか?

逆流性食道炎は、この強い酸が何らかの形で、食道に逆流するからです。

この原因を忘れて、
メタボを治せば治る
とか
薬を飲めば治る
とか
猫背を治せば治る
とか
飲みすぎ
とか
食べすぎ
などの励んでも、逆流性食道炎は治りません。

勿論、要因の1つとして考えられることですが、決め付けはいけません。

治す方法を探る前に、なぜ自分は、逆流性食道炎になったのか?を知ることです。


では、
次回に、その見つけ方を紹介しましょう。


それでま、待てないひとは
もっと、詳しく逆流性食道炎のことは逆流性食道炎の先生が紹介されている比較サイトへどうぞ。

Copyright© 2011 逆流性食道炎 症状一覧 All Rights Reserved.